So-net無料ブログ作成
検索選択

「お手本」プロジェクト始動! ~取り組みのふり返りの2つの方法と意味~ #教育 #kyouiku #kibounokai #特別活動 [特別活動]

学級活動で「きずな」と「お手本」の2つのプロジェクトが立ち上がりました。

「きずな」プロジェクトは入院したクラスメイトを元気づけようという計画です。
各係でできること、喜ばれると思うことを提案し、みんなの協力を募って進めています。
金曜の帰りには子どもたちが3日間で仕上げた一人一枚のイラスト付きメッセージカードを綴じたものをもってお見舞いに行ってきました。
それと一緒にもって行ったのが子どもたちのメッセージビデオです。
ぼくの参加するボランティアグループから借り受けているAndroidのタブレットで手軽にビデオ撮影と大きなディスプレイでの試聴が可能なので、それを使って子どもたちのメッセージを記録し、持って行きました。
ようやく熱が下がったばかりの彼はとても辛そうに見えましたが、一番なかよしの友達の「早く遊ぼうな!」という呼びかけに今日一番の笑顔を見せてくれました。
この後も子どもたちはいろいろな企画を考えているようです。

「お手本」プロジェクトは国語の単元である「学校を百倍すてきにする方法」という単元から生まれてきました。
高学年として学校のためにできることは何だろう?と一人一人が企画し、やったらいいと思う理由を3つ、その効果を文章化して発表するという単元ですが、学級活動をそのまま取り込んだような単元です。
学級活動の時間は週1時間しかありません。その時間だけで取り組みを進めることは難しいので、どうしても休み時間や放課後などの課外の時間を使うことになります。
ですが、今回の改定で特別活動的な実践的な内容も国語の教科書の中にたくさん取り入れられるようになりました。
より身近な問題について話し合う場設け、国語力だけをつけるための国語ではなく、子どもたち自身にとって役に立つ国語たろうとする姿勢が見えてきます。時間の制限に苦しんでいるぼくら特活人にとっては大変ありがたいことです。

そこで出てきたアイデアの中からクラスや個人としてできることを選んで活動することにしました。
発表会の後に行った検討会では、委員会で取り組んでいることや個人の心がけの問題などを除いていって、「お掃除の仕方ビデオづくり」「楽しい遊び教えます」「3あ運動をふり返ろう」の3つが残りました。
1suteki.jpg

「お掃除ビデオ」は低学年向けのビデオ放送を企画です。すでに、雑きんのかけ方、ほうきの掃き方、黒板掃除の仕方などの台本が出来上がりました。
ただ自分たちの思いだけで突っ走り、先生方と細かい点でズレが生じては困るので、美化委員会の担当の先生にチェックしてもらうよう助言しました。
それと同時にこちらからももちろん根回しをしておきます。

「遊び教えます」は男子中心のチーム。最終的な目標は「全校みんなでひとつの遊びをやりたい」という。これまたすごい野望です。これは学年での協力も必要になってくるかもしれません。

「3あ運動」はあいさつ、安全、後始末について自分たちのことを振り返る活動です。一体、どのようなふり返りを考えるか。と見ていると、「ひとりひとりがチェックカードに自己評価し、その内容をみんなに公表される一覧表に記入して行こう」という厳しい話になっていました。

取り組みのふり返りには「自分自身の反省のための取り組み」と「一丸となって協力し、または競い合って向上するための取り組み」の2つがあります。
プロジェクトチームの子どもたちの思いとその他の子どもたちの思いは一致しているのでしょうか。
2つに割れて選びきれなかったときは学級会で話し合わなければならなくなるでしょう。ぼくにとってはその方が深まっていいのだけれど…。

(続編をお楽しみに!)
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

nice! 1

コメント 2

ハマコウ

特活の時間がなかなかとれません
放課後も会議 部活 分掌作業と子どもと一緒の時間がつくることが難しくなっているのに いろいろな活動を立ち上げ支援する努力に大変刺激を受けます
rixaw さん(澤村さん?)のブログ記事から学んでいます
by ハマコウ (2012-07-01 06:49) 

rixaw

ツイッターに投稿するとアクセスは増えますが、コメントをくれる方はものすごく少ないです。
一人でも反応をくださる方がいる内は続けていきたいと思っています。
ありがとうございました!
by rixaw (2012-07-01 16:56) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0