So-net無料ブログ作成
生徒指導 ブログトップ
前の3件 | -

反省を促すための奉仕活動 ~学校周辺の清掃活動を通して子どもたちに感じて欲しかったこと~ [生徒指導]

反省しなければいけない子どもたちと一緒に社会奉仕活動として学校周辺の清掃活動を始めた。

「どうやって償うつもりですか?」
困った表情で黙っているので、
「学校周辺の住民の方々が今、落ち葉に悩んでおられます。学校の周囲にはたくさんの落葉樹があるので少しでもきれいになるように掃除しようと思いますが、手伝いませんか?」
と誘ってみた。

自分たちがやると言ったものの、子どもたちにしてみれば弱みを握られた上で誘われた訳で半ば強制と感じられていても仕方ない。
子どもたちがしでかしたことの半分は日頃指導にあたっているぼくら教師の責任でもある。
ぼくも一緒に取り組みながら子どもたちの安全確保に気を付けながら、様子を伺うことにした。

最初はふてくされた様子だった子どもたちだが、近所のお年寄りにお礼を言われたり、通りかかった車のドライバーが会釈して行ったりするのを見て、少しずつ取り組み方が変わってきた。
自分から進んで「こんにちは!」とあいさつしたり、笑顔で話しかけたりしている。

落ち葉を掃くのには結構力がいる。
落ちたばかりの葉でも周囲のギザギザがアスファルトに引っ掛かり、竹ぼうきに力を込めてグッと掃き出さないとなかなかきれいにならない。
コツを覚えるとだんだん楽しくなってくるのか、競い合うようにして掃き進めるようになった。

昼休みの掃除はほんの5mほど進んだところで時間切れになり、続きは放課後ということになった。
逆方向から掃き進めた子どもたちの集めたごみを取って戻ってくると、先ほど掃いたところにはもう新しい葉が一面に落ちていた。

「こんなのやっても意味ないやん」
「落ち葉無限増殖中~!」
などとおどけていたがそれほど嫌がっている様子もなかった。

放課後、帰りの会が終わってすぐ、ぼくは掃除に取り掛かった。
子どもたちは主任と掃除について少し話した後、自主的に集まってきた。

主任の話では、こっそり上から見ていると、児童玄関から出るや否や自分たちで道具を分担していそいそと移動して行ったとのこと。
その場の雰囲気でちょっとはみ出すことはあっても、性根は優しくまじめな子どたちなのである。

ぼくが100m近くある通路の奥から掃き進めていると、子どもたちが昼に掃いたところからまた作業を始め
た。
そうすると、昼の様子を見ていたらしいおばあさんが出てきて一緒に掃除を始めてくださった。
「私ひとりじゃなかなかできんもんで、本当にすみません」
と謝られ、子どもたちは答えに困っていた。
家の前の公道を掃除しないでいたことに負い目を感じておられるようだった。
毎日大量に落ちる落ち葉でご迷惑をお掛けしていたことを感じ、逆に申し訳なく思った。

そうこうするうちに彼らの友達や、下校中に通りかかった子どもたちが手伝いに来てだんだんにぎやかになってきた。
こうなるともう罰掃除ではなくなる。
みんなで楽しみながら取り組んでいる。

その姿を見ながらぼくも楽しくなってきた。
無心に働くのは楽しい。仲間がいればもっと楽しい。

30分後、すっきり綺麗になった通りを見て子どもたちは
「きれいにできたなぁ」
と満足げだった。
子どもたちなりに達成感を感じてくれたのではないだろうか。

罰を与えるということや反省した姿を現すことより、関ってくれる人がいることを感じさせたかった。
子どもたちが悪ふざけやいたずらではなく、人のために働くことに喜びを感じてくれるようになればと願っている。

夏休みのリコーダー練習で~「終わるのが寂しくなる温かさを感じさせる親」「集団の中で暮らす楽しさを感じさせる教師」でありたい~ #教育 #夏休み [生徒指導]

登校日のあとはリコーダーの特訓。

一通り吹けなかった子どもたちを集めて居残り練習だ。
ほとんどの子はだいたい吹けたのだが、Y君が一人だけ全く吹けない事に気付いて驚いた。

どうして今まで見過ごしてしまったのか。
夏休み中8日間もできないまま放置してしまっていたなんて…。
いろんなパートを回っていたとは言え、猛烈に反省。

しかし、翌週の月曜日。
Y君は、なんと吹けるようになって登校した。

すごくうれしかった!
「よくがんばったなぁ」ってほめまくった。

人間、やっぱりやればできるのだ。子どもたちが日々証明してくれる。

今日は早朝から子どもたちとその保護者と一緒に土俵の修理を行った。
その場でY君のお母さんから「リコーダーが吹けるようになったいきさつ」を聞くことができた。

なんでも泣きながら帰ってきて「下のドが出ないので先に進めない」と言ったらしい。
リコーダーの一番下のパーツを回し、小指がきちんと押さえられるようになると、きちんと音が出た。
あとはYouTubeで何度も聞きながら繰り返し練習したらしい。

「ひとつが気になるとそれを置いといて先に進めない」
小学校では結構そういう子がいる。

そんなときにちょっと引いた視点からアドバイスできる人がいるかどうかで大きく変わる。今回のお母さんのアドバイスと指導はものすごく適切だった。

出来なくて泣くってことは、それだけできるようになりたい気持ちが高まっているということだ。
それなのにぼくは「気付けなかったこと」を棚に上げて「できないままで過ごしてきたこと」を責めてしまった。

子どものやる気を感じ、寄り添って「できるようになる自分」を感じさせたお母さん
Y君にとってこの夏休みは実に実り多いものになったことだろう。

「夏休みが終わってせいせいする」
という保護者の声をよく聞く。

ところがこの間、あるお母さんが
「もう、終わっちゃうね。せつないね」
と呟いていた。

忙しい2学期がまた始まる。
終わるのが寂しくなるような温かさを子どもたちに感じさせてあげられただろうか?

自分の子どもたちには、
「ダラダラできる時間が終わる」
だけじゃない寂しさを感じさせる親でありたい。

そして、登校してくる子どもたちには、
「学校が始まってよかった」
集団の中で暮らす喜び感じさせる教師でありたいと思う。

教え子の結婚式(2人目)に行ってきました。~幸せをつかみ取るための手伝いがほんの1mmでもできれば~ [生徒指導]

先週の日曜日教え子の結婚式で最初の教え子たちと一緒に酒を飲んだ。
ずっと夢見ていた最高の体験だった。

「全然勉強教えてもらったこと覚えてない!」
「いつも遊んでたなぁ。休み時間なんか先生が一番張り切ってたし」
「めっちゃ叱られたあとでも、遊んでるうちに仲直りしてたなぁ」
って友達か!と言う感じ。

「めちゃめちゃ個性的なやつばっかりで先生まとめんの大変やったやろ」
「そもそもまとめてたか?」

…それぞれの個性を認め会える仲間だったことは幸せなことだよねぇ。

「俺、先生との二年間のことは絶対忘れへん。おもろ過ぎたから!」
はうれしかったなぁ。

いつも真っ赤なジャージを来て、原付で毎日家庭訪問。
子どもたちと一緒に銭湯に入り、帰ってきたお父さんとビールを飲む。
休みの日は少年野球とサッカーをハシゴ。
日記帳やプリントの丸付けは行き帰りの電車の中で。

・・・思えばぶっ飛んだ初任者生活だった。

ぼくもこれでずいぶん落ち着いたものだなぁ。と、思うのです。
子どもたちの印象に一番残っているのは保健の先生に叱られている場面らしい。
遊びでケガさせて一度だけこっぴどく叱られたのは覚えているが、そんなにたびたびではなかったはず(だと思う)。

先生に叱られる子どものような先生。よっぽど印象に残ったんだろうと思う。

授業は下手くそだし、対応にもまずいものがたくさんあったと思う。
でも、こうやって温かく迎えてくれる。
教師というのは本当に幸せな仕事だと思うのです。

幸せそうな子どもたち。
その幸せをつかみ取るための手伝いがほんの1mmでもできればいいなぁ。
と、思っています。
前の3件 | - 生徒指導 ブログトップ